住宅街の中の山小屋

やけくそだけどなげやりじゃない。のんびり流されるままゆらゆら。

大阪春の陣2015 感想

www.kansaiphil.jp

情熱的で猪武者のように真っ直ぐな関西フィル

常に冷静沈着で職人的、軍師のように全体まで考えられた印象のするセンチュリー。

戦国武将なら真田幸村福島正則竹中半兵衛黒田官兵衛みたいな対照的なオケが共演するのは面白い。

客入りは7割くらいで二つのオケを一度に聴ける珍しい機会なのに満員にならず寂しい感じ。

先行はセンチュリーなのでセンチュリーの楽団員が舞台上で練習していた。大フィルも大響も開演前に舞台で練習しているけど関西フィルは絶対に舞台上では練習しないから違うオケ聴くんだなーって実感が湧く。

開演前に舞台で練習しない方がスマートな感じがして好きだ。無音から音楽に切り替わる瞬間が強調される。聴かせどころの名旋律を練習してたりするとめちゃくちゃガッカリ。コース料理頼んだのに一番最初にメインの切れ端出てきたみたいな。

先行、日本センチュリー交響楽団

 ストラヴィンスキーペトルーシュカはピアノ版は良く聞くけど管弦楽版はあまり聞かないので馴染みが無い。

振り始めた瞬間に木管の色彩感溢れる音が鳴り出し引き締まった弦の音が出てきた。たくさんの色が湧き出る泉を見ているよう。華やかで楽しい曲調の中にもセンチュリーらしく冷静に一音一音仕留めて音楽を構築していく感じがする。第1ヴァイオリンの真上の座席だったせいかヴィオラがとても強調して聞こえた。

飯森範親さんの指揮は秋の陣で見た時よりも軽く振っているように見えた。以前見た時は重い岩を押している人のようにゴリゴリと力入れて、オケを無理矢理引っ張っていく印象だったけど今回はオケを信頼して振っている感じ。

ノリチカイズムが浸透しているのかセンチュリーの音が情熱的な部分に向いてきてる雰囲気がした。(関西フィルとキャラ被っちゃう(´д`))

曲の中でティンパニ奏者の音色が七変化していて、濁った水たまりを叩くようなベチャベチャした音からカーンと響き渡る音まで本当に多彩でビックリ。

2曲目はベートーヴェンの運命。クラシック音楽館でジャナンドレア・ノセダが超快速テンポで演奏した回が放送されたばっかりだけに冒頭のテンポに注目して。

冒頭、意識してたのかノセダ一歩手前くらいの快速テンポで世界一有名な旋律を駆け抜けていった!

ジャジャジャジャーン!というよりダダダター!ダダダター!って感じ!

攻撃的で野性味溢れる演奏で弦楽器のアンサンブルに、あら?珍しいって思うところもあったけど第1楽章の中盤でキッチリ修正して完璧にしてくるあたり流石、技術に定評あるセンチュリー。

第2楽章からは一転してゆったり伸びやかに演奏するので第1楽章との対比がハッキリしていて面白い。持丸秀一郎さんのクラリネットのまろやかな音色が印象的。

第3楽章は低音弦楽器が刻みつつ昇っていくところがノセダが大事だと強調していたのと全然違う解釈で指揮者の考えの違いは面白いなーっと感心していた。オーボエの宮本克江さんの歯切れの良い音色が素晴らしかった。タンギングのフレーズとかホントに綺麗に吹く奏者で、その切れ味の良さにいつも感動する。

第4楽章は解釈だ音色だオケだというよりも、ただただベートーヴェンの凄さ偉大さに圧倒されっぱなし!耳の聞こえない状態でコレ作っちゃうのかよ!この気持ちよさは何!?って何回聴いても驚いちゃう!

ピッコロ難しいところなのに全くブレが無くて完璧に吹ききってたのも印象に残った。

飯森範親さんは読了感というか聴後感を作るのが本当に上手い。何聞いた後でも良かった良かったと思わせる術がある。

クラリネット好き的には持丸さんの独特の音色と2ndの人の音色がぶつかって溶け合うと言うよりお互い主張して喧嘩しているように聞こえたので勿体ないなと思った。2ndの人が悪いわけでは全くなくて持丸さんの音色を生かすなら同じ系統の音色出す人が良いんじゃないかなーって。

オーボエクラリネットはもちろんフルートのトップ吹いてた人も歌い方が華やかで優雅な感じがして、とても良かった。

後攻、関西フィルハーモニー管弦楽団

火の鳥は本当に最近好きになった曲。「カスチェイの凶暴な踊り」の暴力的で鋭い響きが好きだったけども、終曲の高揚感と畳みかける感じに気がついて全体が好きになった。

いつも聴いている関西フィルだけにメンバーが舞台に上がってきたのを見てスポーツチームのホームゲームを見ているかのような安心感が出てくる。

指揮者の藤岡さんが棒を振った後、コントラバスから始まって木管楽器が加わってくる所で、そうそうコレコレ!この音色と頷いてしまった。

この日は関西フィルの弦楽器ってこんなに繊細でなめらかな優しい響きだったっけ!っといつも聴いてるはずなのに驚くレベル。と同時に、この日に掛けるオケの意気込みも感じて嬉しくもなった。情熱的で爆発力あると言われる特徴を持っているオケだけど、普段より冷静で丁寧に感じた。

折角、勝負と銘打って演奏会やってるんだから消化試合的な雰囲気じゃ無くて本気の本気、何なら定期よりも気合い入れてやって欲しいと思っていたから。

贔屓にして聴いてるだけに関西フィルには勝って欲しかった。個人的に前回の秋の陣ではセンチュリーに結構な差をつけられて負けたので。

音楽に勝ち負けをつけるなんてナンセンスなんて話もあるけど「王女達の踊り」に出てくるクラリネット優しい演奏を聴いた瞬間に、何事も無ければ今日は関西フィルの勝ちかなと。

「カスチェイの凶暴な踊り」は引くくらい暴力的で、オケの持つ特徴と内なる狂気みたいなものが出てるようだった。激しい曲調でも決して浮かず鋭い音にならずに木管と弦に溶け合う金管パートに他のオケには無い魅力を感じる。

「終曲」のホルンの伸びやかで優しい旋律に本当にうるうると来た。正直、大好きな関西フィルがセンチュリーに連敗するのが怖かった。そんなに入れ込んで秋の陣、春の陣を聴いてた人は他に居ないかも知れないけど、熱狂的なスポーツファンのよう好きなチームがオケが負けるのが嫌だった。自分の中で関西フィルの方が良い!と確信できてホッとしたのと演奏の素晴らしさで涙ポロポロ。演奏で涙流したのは初めての経験。それくらいこの日の火の鳥は素晴らしかった。

ホルンからワッと盛り上がる所の優しい官能的な演奏に心ぐわんぐわん揺さぶられて、もうわけわからないくらい感動した。目の前に居るオケがベルリンフィルかと思うくらい上手だった。今まで聴いた火の鳥で一番良かった。

続いて、ベートーヴェン交響曲第6番「田園」。この曲はベートーヴェン交響曲の中で一番好き。景色が自然に浮かんでくる曲だし、クラリネットが栄えるから。第253回定期でデュメイが振った時と、どう違うかというのも楽しみだった。

bamboo-shogi.hatenablog.jp

 第1楽章は推進力があって流れるように繊細に進んでいく。クラリネットが2本ハモるところがホントに綺麗。梅本貴子さんと吉田悠人さんのコンビ最高!

第2楽章はクラリネットの梅本さんの天から降り注ぐような優しい響きにウットリ。ファゴットとチェロのユニゾンの所も音程ピッタリで歌心満載で。聞き比べて初めてわかった関西フィル首席ファゴット奏者の星野則雄さんの素晴らしさ。自分は星野さんの音が好きだったんだと気づく。

第3楽章はホルンパートのタタラ、タラッ、タラララ!みたいな所がブワブワッ、モワモワッとしてて残念。その後もホルンは最後までヨレヨレと調子悪い部分が続いてて勿体なかった。あそこは切れ味鋭く演奏してるものが好き。

第4,第5楽章も弦と木管が素晴らしかった。

デュメイで聴いた時より良かったので大満足。この日の関西フィルは本当に冴えてた。

まとめ

両楽団とも各曲、終了後に奏者を何人も立たして讃えてたけども、長時間のコンサートになるので本当に素晴らしかった奏者、一人二人くらいで時間短縮した方が良いと思った。指揮者トークもマイク使うんだから先行、後攻を入れ替える時の舞台転換の時間に出来るんじゃ無いかな-。

この日のセンチュリーは普段より元気無かったように思う。流石センチュリーと言うところも沢山あって決して悪かったわけじゃない。でも前回聴いた時は、うわ凄いな上手いな!って思わせてくれた。今回は、それが無かった。

関西フィルは、いつも以上に素晴らしい出来だった。それが勝敗を分けた原因なのかなと。

客観的に聴いたつもりだけど、もちろん演奏の感じ方は人それぞれだし、自分は関西フィルを好きだというのもある。演奏家や評論家のように確かな耳があるわけでも無い。

だから勝敗については、アンケートの結果でも公表され無い限り答えは無いけど、このように感じた人も居たって事で。(贔屓丸出しの記事やんけ!って突っ込まれそうだけどw)

また関西フィルとセンチュリーで勝負!!する企画あるといいな。

関西フィルハーモニー管弦楽団 - 第53回大阪国際フェスティバル2015

↑来月は、4大オーケストラの饗宴があって、また聞き比べ出来るので楽しみ。選曲的に関西フィルは不利かなと思うけどガンバレ関西フィル!!センチュリーこういう時の選曲上手いよね!

日経にも記事が出て関西のクラシック盛り上がってるようで良い流れ!

www.nikkei.com

ストラヴィンスキー:バレエ「火の鳥」、「ペトルーシュカ」

ストラヴィンスキー:バレエ「火の鳥」、「ペトルーシュカ」

 
ストラヴィンスキー:「火の鳥」&「ペトルーシュカ」

ストラヴィンスキー:「火の鳥」&「ペトルーシュカ」