住宅街の中の山小屋

やけくそだけどなげやりじゃない。のんびり流されるままゆらゆら。

ピアノのレッスン20

昨日降った雪が路肩にたくさん残ってるけど道路は溶けてるので良かった。たくさん残ってたら運転下手だから行けない所だった。

バーナムピアノ教本5巻もあと一曲で鳴らし終わる。だけど本当に順番に音鳴せるようにしただけだから6巻貰うか微妙。ペダルが上手く使えてないのでこのまま進んでも手が難しくなって余計にペダルが疎かになるだけかもしれない。

今レッスンで見て貰ってるのは5巻の最初の方。レガートペダルとかが出てき始めた。前回も今日も同時ペダルになってると言われてる。相当足の動きを意識してやっとレガートペダル。手の方に意識行くとすぐに同時ペダルになってしまう。

指レガートも極端に言えば前の音を残しながら次へって言われてるけど難しい。次に位同士ながら前の音残そうと思ったら指に力入れないと鍵盤の浮力に負けて指が戻ってしまう。ゴリゴリ力入れたら出来るけどそれは確実に間違いだからなぁ。

またMarcatoの曲も子守歌みたいになっちゃったし。この腑抜けた音を先生は、ふわふわ浮遊する感じで上品なフランス音楽向いてるかもねなんてもの凄い好意的に解釈してくれたけど、褒め方のレパートリーの豊富さに凄さを感じたw

新しい曲はお休みしてゆっくりペダルの踏み方と指で音繋がるように練習しよう。無理矢理進んだ結果、変な癖になっちゃうのは嫌だから。


Leo Ornstein - Morning in the woods - YouTube

こんな感じの音好きだなー。森に掛かる朝靄から鳥たちが目覚めて鳴き出して朝日が差して~って風景が見えてくる。朝靄を表現してる?音がふわふわしてて心地良い。

 

レオ・オーンスタイン:ピアノ作品集 第1集

レオ・オーンスタイン:ピアノ作品集 第1集

 

 

 

レオ・オーンスタイン:ピアノ作品集 第2集(Leo Ornstein: Piano Music Vol.2)

レオ・オーンスタイン:ピアノ作品集 第2集(Leo Ornstein: Piano Music Vol.2)