住宅街の中の山小屋

やけくそだけどなげやりじゃない。のんびり流されるままゆらゆら。

ピアノのレッスン17

出かける前に指慣らしって事で弾いてたら急に左手の4,5がボロボロのでたらめな動きをし出した。今まで上手くいってたのに不思議。

相談したら先生もそういう事があるらしい。完全に習熟したわけではなくて何となく弾けてただけだからもっと練習すれば直るとのこと。クラリネットでもそういう事あるしやっぱりかーって感じ。

3連符の曲を弾いてたんだけど4分音符に戻ったところで走りそうになる。ソとシを間違えて覚えてた凡ミスもあった。楽譜見ながら弾いてるくせに間違えるんだから思い込みは怖い。

両手の跳躍の曲で予想通りのやり直し。何度も何度も繰り返したり片手でやったり鍵盤凝視してイメージしたりしたけど微妙にずれる。

跳躍の所ってゆっくり、片手、指一本ずつ、リズム変え、イメトレ以外に何か練習方法ってあるのかな。頭空っぽで反復練習してるよう。

別に反復練習は苦では無いけど良い方法もっとある気がする。

跳躍に必死で強弱表現おろそかになってたし反省。打鍵後の音は聴いてたけども手が忙しくなるとアレもコレも意識してって訳にはいかなくなってくる。人間3つ以上同時に意識することは出来ないって本で読んだ気がするし体が覚えてくれれば良いんだけど、やっぱり時間掛けてやるしか無い。簡単に出来た方が面白くないしね。

もっとバシッと鍵盤の底まで弾いてくださいって言われたけど、あんまり良いことじゃない気がする。そりゃ叩き付ければそれなりに大きい音は出るけど、頭に突き刺さるような音出るから嫌だなー。ガシガシ弾いたら指が熱を持ってきてやり過ぎると腱鞘炎なりそうだし。

ピアノ弾いてクラリネット吹いて!なんてやってると前腕の付け根結構怪しくなってくるんで気をつけないと怪我してしまう。シューマンみたいになるのは嫌!

あとはフレーズの取り方とかフェルマータの前はちょっと溜める感じとか何度も言われてるスタッカート軽くってのを教えて貰った。

バーナム4巻もあと一曲だ。貯金は5巻半分くらいなんて貯めとかないと。


Rudolf Escher - Toccata (Arcana Musae Dona) 1944 ...

技巧的なのに一つ一つの音がキラキラしててヴェールをまとったようひらひらしてるというかオーロラみたいに色んな色がゆらゆらしてる感じで曲も演奏も面白い。

ラヴェルの水の戯れを連想する。戯れっていうより絶え間なく吹き出る湧き水を表現したような曲。

Complete Piano Works

Complete Piano Works

 

  600万のグランドピアノAmazonで売ってて笑った。誰がAmazonで買うねん!