住宅街の中の山小屋

やけくそだけどなげやりじゃない。のんびり流されるままゆらゆら。

ピアノのレッスン15

今年最後のピアノ。ちゃんと指慣らしして行ったから5曲くらい進めた。体感時間長かったので少し時間オーバーしたかも。年末サービスかな。

ちゃんと準備していくと指が動くし耳も良く聞こえる。調子が悪いときはレッスン室で鍵盤使ったモグラたたきしてるような耳が塞がったというか聴いてない状態になってることがあって帰るとき反省してるんだけど今日は打鍵した後の音を結構聴けた。

この曲の題名はこうだけど、どういう意味やろねー?なんて話をしながら淡々とやり直し曲と練習してきた曲を聴いて貰って終わり。

バーナムピアノ教本5巻の指使いわからないところをチラッと教えて貰って小話して。

7月に初めて5巻の真ん中あたり。別にいついつまでにコレが弾けるようにならないと行けないってものでもないんでこんなものかも。

同じ時期に始めた誰々に比べて自分は遅い!悔しい!とかもないしねw

クラリネットもそうだけど、そういう所に神経を使わないのは大人一人で楽器を学ぶ利点かも知れない。どっかの楽団に入ったら自分より短い楽器歴なのに上手!とか神経使いそう。比べるのは意味が無いってわかってても人間比べてしまう。

来年は、ショパンのエチュード弾く!みたいな目標も特になく。そういうのはレッスンが自分のやってるところに追いついてから考えようと思う。

ただの物置になっていたピアノを楽器に戻してあげることが出来た。結構な進歩!


Fazıl Say: Bodrum ∙ Fazıl Say - YouTube

ファジル・サイみたいにピアノも楽しんでくれるような曲が弾けるように練習しよう。

Fazil Say Boxed Set

Fazil Say Boxed Set

 
ファジル・サイを聴け!

ファジル・サイを聴け!