住宅街の中の山小屋

やけくそだけどなげやりじゃない。のんびり流されるままゆらゆら。

第13回 四天王寺秋の大古本祭り

四天王寺の古本祭りに行ってきた。16日までやってるので興味ある人いった方が良いよ!

f:id:sutannex:20131012122501j:plain

 

年2回開催されるこの古本市は京都の下鴨納涼古本祭りと並ぶ規模で勝手に関西二大古本祭りだと思ってる。4月と10月にある。

いつもは将棋本を買いに行ってたけどだいぶ集まったので今回はクラシック関係の本を探しに。予想外の出会いがあっていつも面白い。

f:id:sutannex:20131012114211j:plain

 

古い赤本ばっかりのマニアックな棚があったり大昔の絵はがき売ってたり1日中いても飽きない。参考書、過去問マニア(いるの?)が喜ぶ棚だ。

CDも売っててショスタコーヴィチ交響曲第5番バーンスタイン指揮が300円であって欲しいなと思ったけどやっぱり良いかなんて迷いながら1分違う棚を見てやっぱり買おう!と思ったらもう無かった・・・。あぁバーンスタインのタコ5・・・。ここは戦場欲しいと思ったらすぐに買わないと無くなってしまう。でも同じ棚にロジェストヴェンスキーのタコ5が300円だったんでそれ買った。NHKーFMの名演奏ライブラリーで取り上げられてた指揮者で結構好きな演奏だったから良い買い物したかも?まだ聴いてない。第4楽章を快速で駆け抜けていくような演奏探してる。

f:id:sutannex:20131012122438j:plain

(写真左にも奥にもず~っとテントが広がってて隙間が空くたびにトラックから補充される)

おじいさんおばあちゃんおじさんおばちゃんみんな目をギラギラさせて宝探し。通路が狭くてぎゅうぎゅうなのにぶつかることは殆ど無い、不思議。スッと避けたり避けてくれたりあうんの呼吸。

時間が無くて(それでも2時間)全部しっかり見られなかったのが残念。今回は将棋本はかなり少なくてガッカリ。音楽関係もあんまり無かったかなー見逃しあると思うけど。目当ての本ってなんか光ってたり声がする。俺を買え!興味あるでしょ!?って感じでそこに吸い寄せられる。ここにあんたの興味ある本はないよって言ってくる本もある。頭おかしいって思われるなwでもそんな感覚がする。しっかり目を通したいなら3時間見積もっといた方が良いと思う。

スマホで値段検索してる人結構いたけどそれは違うでしょって思った。偶然の出会いを楽しんで買って良いなと思ったら買えば良いんだよ。ネットと値段比べて損した得したじゃないよ。本が泣くよ。手にとって内容確認できて状態を目で見てるんだから。

ショスタコーヴィチ:交響曲選集

ショスタコーヴィチ:交響曲選集

 

 ↓この本買いました。

ドビュッシーとピアノ曲

ドビュッシーとピアノ曲

 

お寺に行ったんでドビュッシーの沈める寺が聴きたくなったよ。

 
Michelangeli - Debussy - La Cathedrale engloutie ...