住宅街の中の山小屋

やけくそだけどなげやりじゃない。のんびり流されるままゆらゆら。

クラリネットのレッスン イ長調

急に冷えた朝晩のせいか元気なかったので音出ししないままレッスン。でもピアノ少し鳴らしてたせいか指のエンジンすぐ掛かって快調。

変ホ長調のミ♭、ソ、シ♭、ミ♭、ソ、シ♭サイドキー、ミ♭、シ♭サイドキー、ソ~の高音域を一発でスラーで吹くことは出来なかった。サイドキーから超高音域ミ♭の移行もっと速く滑らかで確実にせねば。

エチュードはトリルやらターンを音符の順番通り吹けてるもののテンポがゆらゆら長すぎたり短すぎたりでダメだった。一定のテンポで吹くってのはずっと課題。指がもつれると言うよりテンポ感悪すぎる。頭で1、2,3~って数えると強弱とかボロボロになるけど、数えるながらしっかり強弱記号守れるくらい余裕になるよう練習するしかないね。

今まではクラリネット二重奏だったんだけど最近はピアノとクラリネットの曲やってる。もっと表情つけろって意味なのかエスプレッシーヴォ記号のある歌曲。

家でメトロノームと一緒に練習して頭でしっかり数えて表情つけて練習したのにピアノと合わせた瞬間全て崩壊wピアノと合わせるの難しくてピアノ弾いてるの邪魔しに来ましたー!!みたいな感じになってしまう!

合奏経験の不足もあるだろうけど確実性が足りないや。

テンポ合わせるのに夢中になって息が前で離せなかったり緩んだり、力入ったり、お腹の支え緩む。何個も意識できるわけ無いから一つでも多く無意識に出来るようになるまで練習だ。


S. Rachmaninoff - Vocalise Op. 34 - Alexey ...

昨日見つけたクラリネットとピアノのラフマニノフのヴォカリーズ。ロシア人のクラリネットかなり好きかもしれない。フランス人の明るさを泥臭さに置き換えたような音色。こんな風にピアノと一緒に歌う日が来ますように。

Time Pieces

Time Pieces

Vocalise

Vocalise

  • アーティスト: Alexey Gorokholinsky & Marina Gorokholinsky
  • 出版社/メーカー: Alexey Gorokholinsky & Marina Gorokholinsky
  • 発売日: 2005/01/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る